現物取引と信用取引とは?

株式投資の基礎知識&情報サイト

現物取引と信用取引とは?

基本的に現物取引も信用取引も売買にかわりはありませんが、現物取引とは株を売買する時すべて自分が株を保有していることが前提です。

信用取引とは購入代金や売却する株式がなくても、証券会社から資金や株を借りて売買を行うことが可能な取引の事です。

なぜそんな事が出来るのかというと、そこには「担保」を差し入れる事により証券会社が投資家に株を貸してくれる仕組みが有るからなのです。

そのかわり手数料が必要だったり返済期日があります。

信用取引で取引出来る金額は、投資資金に対して約3倍程度出来ます。

しかし投資資金の3倍取引できるという事は、リーターンも大きいですが、リスクも大きいという事ですので、余り過度な投資はおすすめ出来ません!

株式投資は余裕資産で運用する事をおすすめします!

信用取引のメリット・デメリット

信用取引のメリット

資金を持っている以上の取引が可能に成ります。信用取引では資金の3倍程度!
現物取引では出来ない信用売り(空売り)が出来きます。

信用売り(空売り)とは、持っていない株を下がると思うときに売り、下がった後で買い戻すという事です。

つまり信用取引をしていれば、株価が上がっても下がっても売買益を出す事ができるのです。


信用取引のデメリット

手数料が必要・返済期日がある・株主になれない(株主優待かない)等があります。短期で売買するなら、信用取引でも良いと思います。


※信用売りの出来ない銘柄もありますので注意。

株価は上がるより下がる方が比較的に早いと思いますので、信用売りでの利益は買いに対して大きい事が多いが、株価は下は0円ですが上は有りません!
そのことをわかった上で信用売りをする様にして下さい。

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.