外国株式への投資について

株式投資の基礎知識&情報サイト

外国株式への投資について

外国株式投資とは外国の企業への投資で、景気の異なる外国企業へ投資することにより、グローバルな分散投資が可能になりますし、より高い「成長性・収益性」を求めるうえで、外国株式投資の重要性は益々高まってきています。

外国株式投資をする上で必要な知識は基本的に日本の株式投資と同じですが、為替相場の知識も必要になりますし、日本の株式より情報を集めることが難しくなると思われますので、より高度な株式投資の知識が必要になると思います。

しかし外国株式投資をすることで日本国内の景気に左右されること無く、資産運用が出来るというメリットや未知なる魅力がありますので、外国株式投資を考えてみるのもよいと思います。

日本株での運用により知識を得てから外国株式投資をする方がよいと思いますよ。

新興国の魅力

安定した先進国より新興国の株式に投資することにより、ハイリスク・ハイリターンの投資がが可能になります!未知なる可能性を秘めたのが新興国なのです。

新興国のなかでも人口や経済規模が大きく高い成長性を秘めた「BRICs」と呼ばれるブラジル(Brazil)・ロシア(Russia)・インド(India)・中国(China)の4カ国に特に注目が集まっています。

さらに、これら新興国に次ぐポストBRICsというべき国々を「VISTA」と呼ばれるベトナム(Vietnam)・インドネシア(Indonesia)・南アフリカ(South Africa)・トルコ(Turkey)・アルゼンチン(Argentina)などにも注目が集まっています。

新興国の株式は、魅力も有りますが、まだまだ不安定要素が多いとと思われますので慎重に資産運用に取り入れることをオススメ致します。

>>> 外貨投資はGaika.point

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.